医者

腰部脊柱管狭窄症を知る〜痛みの無い体つくり〜

重度になる前に受診をする

看護師

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアといわれる病気の中でも、椎間板ヘルニアを起こす部位によって代表的なものが2つあります。ひとつは腰椎の椎間板が損傷し、飛び出してしまうのが腰椎椎間板ヘルニアです。そして腰痛などを引き起こすとともに、しびれを伴います。しびれを起こす部分は足の太ももの裏、ふくらはぎの裏側などです。また、症状が進行してしまった場合は、下半身の感覚が麻痺したり、筋力の低下が見られます。そのほか、排尿障害が起こることもあります。そして、首にある頸椎の椎間板が損傷し飛び出てしまうのが頸椎椎間板ヘルニアです。こちらには初期症状として首の痛みや肩の痛みがあります。一時的な肩こりとの違いは、首を後ろに反った時に感じる痛みです。

加齢による肩こりとの違い

これは頸椎椎間板ヘルニアの特徴的な痛みで、首だけでなく、肩甲骨、腕にまで痛みが走ります。また腰椎椎間板ヘルニアと同じく、しびれを伴うのも特徴です。頸椎椎間板ヘルニアが重度になってきた場合は、背中までも痛むこともあります。また、頭痛も併発することがあります。そして、めまいや吐き気、耳鳴りなどに症状が広がる場合もあります。では頸椎椎間板ヘルニアを発症しやすいのは、どんなタイプの人なのでしょうか。頸椎椎間板ヘルニアを発症する年齢は30代から始まり、50代までの方に多いといわれています。いわゆる、加齢による肩こりや首の痛みを感じている方は多いかと思います。しかし頸椎椎間板ヘルニアは、しびれなど神経症状を伴う病気です。痛みと神経症状を感じたら早めに病院を受診しましょう。