医者

腰部脊柱管狭窄症を知る〜痛みの無い体つくり〜

重度になる前に受診をする

看護師

椎間板ヘルニアには代表的なものに腰椎椎間板ヘルニアと頸椎椎間板ヘルニアがあります。ともに痛みと、しびれがあるのが特徴です。そして頸椎椎間板ヘルニアを発症しやすいのは30代から50代といわれています。痛みとしびれがある場合はすぐに医療機関に相談しましょう。

Read More...

治療を受ける

病院

椎間板ヘルニアを発症してしまうことで、腰に強い痛みを感じてしまいます。また、私生活に支障をきたしてしまう際は、手術が必要になります。早めに大阪の病院で診てもらえば、腰の痛みから解放されるでしょう。

Read More...

原因を調べる

腰痛

歳を取ってもいつまでも健康な体でいたいですよね。いくら健康に気を使っていても病気を発症してしまうことがあります。また、年齡を重ねることで若い時とは違い体の組織や免疫力が低下してしまうので、病気を発症しやすくなるのです。発症しやすくなる病気の一つとして、腰部脊柱管狭窄症があります。この腰部脊柱管狭窄症を発症してしまうことで、腰に痛みを感じてしまい歩きにくくなってしまいます。さらに、腰の痛みや歩行しにくい症状を放置してしまうことで、少しの距離も歩くことができなくなってしまいます。なので、自宅の中も歩くことが困難になってしまうのです。歩く際になにか違和感があれば、病院で診察を受けるようにしましょう。

腰部脊柱管狭窄症を発症する原因としては、長時間座った状態や前かがみなどの腰に負担が掛かる体勢で引き起こしやすくなってしまいます。また、同じ体制で作業をしている方は、腰部脊柱管狭窄症の進行が進んでしまいやすいのです。この腰部脊柱管狭窄症は、自然に完治することはありません。急に痛みが進行することはありませんが、徐々に痛みが酷くなっていくので、早めに治療を受ける必要があります。腰部脊柱管狭窄症を治すには薬物療法や装具療法などの方法で治すことができます。この治療方法で治すことができなければ手術治療を行なう場合があります。人によって症状が異なるので、治療方法も違ってきます。病院を探す際は、治療実績や経験のあるところを探しましょう。

安静における工夫

女性

頚椎椎間板ヘルニアのピークは、活動量がそれほど低下していない中年世代です。この点から、中年世代の頚椎椎間板ヘルニアの治療は、安静を心掛けることが大切です。とくに治療で大切なのが、頸椎を伸展させる運動を、控えることになります。こうした工夫を、日常生活のあらゆる場面で行うと効果的です。

Read More...